soruto solo exhibition

“消失点”

2021 1.21(Thu) - 1.30(Sat.) 

”消失点とは遠近法において、実際のものでは平行線になっているものを平行でなく描く際に、その線が交わる点である。理論的にはこの点は無限遠点である”

 

現実にはけして重ならないものが絵の中でだけは交わり、その結末を見た。

その場所を目指して歩き続けても、たどり着くことはできないところ

その景色が見えた。

この度ANAGRAではsorutoによる個展 “消失点”を開催致します。

sorutoは現在大阪を中心に活動するアーティストです。sorutoの作品は一貫して、ストリートから着想を得て制作されています。

街の景色、乗り越えたり登ったりした建物、落書きが消された壁にまだ残る“何かがあった気配”。

グラフィティをするために歩く何気ない道が、sorutoにとって全てが作品へのインスピレーション源となります。

 

今回の展示では、ビルを登って看板や高い壁にグラフィティを書いたときはるかに見えるビル群の向こうや、街灯に照らされる道の果てをコンセプトとし、展示のタイトルは“消失点”と名付けられました。彼の表現において、外で行う”グラフィティ”、内にある”ギャラリー”で展示をする、という二面性の行方が”絵の中でだけ交わり”消失点となるのかもしれません。是非足をお運び下さい。皆様のご来場をお待ちしております。

soruto

グラフィティ、日々の生活から着想を得たドローイング。

おにぎりは梅干し派。

INSTAGRAM

Copyright ©ANAGRA