KUKAI EXHIBITION
2/1-2/8
2/3(Mon)4(Tue)5(Wed)6(Thu)7(Fri)
11:30am-10pm
2/2(SUN)
5pm-10pm


◯OPENING PARTY & LIVE PAINT SHOW
2/1(Sat) 6pm-11pm
entrance 1000yen(1drink付)

◯CLOSING PARTY
2/8(Sat) 5pm-LAST TRAIN
entrance 1000yen(1drink付)

Keisuke Haruyama Frankie Cihiによるエキシビジョン


ANAGRAではインスタレーションを中心とした二人の作りだす空間が。ANAGRAの上のOniwaでは新しい作品の展示、販売をいたします

Keisuke Haruyama / 春山恵介
絵描き

"心に届く作品"である事を大切にし、日常で生まれた想いを、素直に描く。その絵画表現は様々。時に抽象画、時に風景画、時に線描画。

アトリエでの制作を進める一方、東京のクラブシーンにおいての様々な音楽イベントで、ライブペイントを行なっている。

2012年には、韓国の首都ソウルで開催された"HAND MADE KOREA FAIR 2012"にゲストで出演。メインステージでのライブペイントショーを成功させる。

2011年に渋谷NOS ORGで開催した自身初の個展に続き、2013年10月頭には、高円寺AMPで風というタイトルで個展を開催した。

In the hope of touching other people's hearts, he's making art coming from his daily life. That's why his painting style varies. Sometimes it is abstract, landscape or drawing following his heart.

Not only making art in his art studio, he is also doing live-painting at various club events in Tokyo.

In 2012 he was invited to "HAND MADE KOREA FAIR 2012" in Seoul South-Korea as a guest artist. He took the main stage and did a live-painting show.

His first solo-exhibition was at NOS ORG in Shibuya in 2011.
His second solo-exhibition is coming in October 2013 at Amp cafe Koenji Tokyo.

Keisukeは東京のストリートカルチャーで育った
それだけを聞くと大体どんな人かどんな作品を描くのか想像できてしまう
しかしKeisukeの作品はその想像を超えてくる

とても美しいカタチで

ライブペイントというまだ若いシーンの中で最も美しい作品を描き上げる数少ない作家である
その繊細な描写は日の光や空間によりカタチを変え音を奏でる

Keisukeはまぎれも無く東京のストリートで育った絵描きだ

http://keisukeharuyama.blogspot.jp

Frankie cihi

1988年東京生まれ
日本とアメリカのハーフ
2010年にニューヨークの School of Visual Arts を卒業し、現在は日本で Artist x Designer として活動している。その絵は、サンゴ礁や人間の体内の形から始まり、架空的なミクロの世界を描く。

Born in 1988, Tokyo.
Half Japanese half American.
After graduating School of Visual Arts in New York in 2010, Frankie moved to Japan where she currently works as an artist and designer. Having sea anemones and the human anatomy as a point of departure, she paints imaginary worlds of microscopic life forms.

フランキーは女性である
男性の名前のような名前をしているが、女性である
彼女は未来と過去をペイントで行き来する
哲学的な意味やはっきりとしたコンセプトを持つ作品もあれば
子供がのような作品も存在しフランキー自身も大人と子供の両面を持ち合わせているように思う
そんな”彼女”の作品はどこか懐かしくどこか新しい

http://frankiecihi.com/home.html

 

Copyright ©ANAGRA