S__27295747.jpg

UC EAST SOLO EXHIBITION

MOTHER

2020 12.3(Thu)-12.11(Fri)

OPENING PARTY

12.4 (FRI) 19:00-22:00

OPEN HOUR

WEEKDAY 15:00-22:00

SATURDAY&SUNDAY 14:00-21:00

(最終日のみ20:00までとなります

この度ANAGRAではUC EASTによる個展”MOTHER”を開催致します。

UC EASTは現在大阪を中心に活動するペインターです。東京での個展は今回初となります。壁画の制作、様々なミュージシャンへのアートワーク提供、音楽イベントでのライブペイントなど活動の幅は多岐に渡ります。抽象的でありつつも人間の一部のようなモノクロの物体は、手や指、腕などの身体を使って描かれています。その物体から湧き出てくるパワーは生きる生命力に近いものを感じます。力強くも繊細で尊いのです。今回の個展では、自身の母への想いから、”今絵を描くこと”に向き合った作品群が並びます。きっと”今見るべき”展示になるはずです。是非足をお運び下さい。お待ちしております。

つい先日、母が緊急入院をした。

 

母が死ぬかもしれない。

 

もう若くもないしあり得ることなのに私はその時初めて母が"いなくなる"ことを意識した。

 

コロナ禍になってから私は暇なことに慣れ、ただ日常を過ごしていた。

だらだらと過ごしていた頃に危篤の知らせを受けたことでこの当たり前な日々はいつでも変わってしまう可能性があることを気付かされた。本当に情けない。いまだに母に教えられてる。

 

時間はあるしいつだってできる。けどそう思ってたら大事なものを失っちゃう。

 

大事なものって当たり前にあるものが多くて嫌んなる。全然気づけない自分に腹が立つ。

 

 

母は絵を描く事を唯一応援してくれる家族。

母がいなくなる前に、大事なものがまだある時くらいやらないと。

 

東京での初個展。新型コロナがまた第三波がきて更にひどいことになってる。

増加し続けている今、本当は自粛したほうがいいに決まってる。

 

でも私は今描かなきゃいけないから今展示します。みんな、ごめんね。

 

今描かなきゃいけないがずっと続きますように。

 

UC EAST

 

 

 

 

 

追記:

母は元気になりました。描かなきゃいけないはまだ続けれそうです。母さん、私を起こしてくれてありがとう。

UC EAST

89年生まれ。画家、ペインター。06年、ライブペイントを主軸に活動を開始。
09年に初個展。以降、公開制作展やグループ展など作品展示にも意欲的に行う。
その他にも壁画、CDジャケット、zine、Tシャツ、フライヤーなどの作品を発表。
その時々により様々な手法で作品を制作している。

  • Twitter
  • Instagram