プライスリストはありません
価値を決めるのはあなた自身

それがセリのルールです
 

-Artists-

-How to buy-

 

① 入札用紙をもらう。
 

② 気に入った作品があったら必要事項と 自分がつける値段(価値)を入札用紙に記入します。
 

③ 二枚綴りになっていますので一枚は入札箱にもう一枚は控えとしてお持ち下さい。
 

④ 最終日クロージングイベント内で落札者の発表をします

 

⑤ 落札して頂いた作品はANAGRAでの受け取りか着払いの郵送でお届けします。

※落札できたお客様に対してのみ、結果を別途メールにてご連絡させて頂きます。

※入札した金額で落札したものはキャンセルできません。

 
 

-Concept-

 

「セリ」とは「競り」であり、本来の意味でいうと、1人の売手に対し2人以上 の買手が相互に値段を競い合い,最も高値を付けた買手に売ることを〈せり売り〉といい、日本の卸売市場での生鮮食料品の標準的な売買仕法のこと。

英語に訳すと「auction」となり、特に西欧圏ではアートや美術工芸品の市場で使われる手法を指す。

 

ANAGRAでは、年に一回「SellIt(=セリ)という名のエキシビションを開催しています。

このエキシビションにはプライスリストは無く、価格を決めるのは入札する人自身。

自分の気に入った作品に対し、払えるかつ払いたい金額を書き入札。最終日に落札者が発表されます。


今の日本にはアート作品を気軽に売買する文化が根付いていない、と嘆いてばかりいてもしょうがない。
今回のSellItでは大きな作品は避け、ひとり暮らしのアパートでも飾れるサイズと洋服をすこし我慢すれば買えるくらいの手頃な価格設定で、「買うこと」の敷居を下げられたらと思っています。

また、最大のポイントである入札方式は、
「観る」から一歩踏み込み「いくらで買うか」と考える体験により買い手を育てるとともに、日々の生活からひねりだされた買い手の気持ちを、そのまま作家に届けることができる方法でもあると考えています。

SellItはあくまでも新しい展示販売方法の提案だとお考え下さい。
一方的な展示会ではなく、作家もコレクターも一緒に育ち、お互いに答えが見つかるような企画をしたい。

アートを売る、買う、という行為がこういう実験的なカタチを通してもっともっと広がっていけば、日本独自のアートシーンができると信じています。

 

ANAGRA 細野晃太朗

 

-Map-

THE TERMINAL

 

東京都渋谷区神宮前 3-22-12 Wave神宮前
TEL 03-5772-8523  FAX 03-5772-8524
JR 原宿駅・竹下口から徒歩6分
千代田線/副都心線 明治神宮前駅・出口5から徒歩5分

Copyright ©ANAGRA