OPEN 

WEEKDAY 17:00-22:00

HOLIDAY  14:00-21:00

RECEPTION PARTY

12/17 16:00-22:00

ENTRANCE  FREE

大竹舞人 個展「SYSTEM -lines-」を開催いたします。

 

既存の布から紐を作り、その紐を編む

単純作業の中に彼なりの秩序を設け、

産み出されるその物体は、

点と点を結ぶように形を変え膨張し続ける。

 

それはまさに、縦と横、細胞と細胞、

いくつかの要素が混じり合ってできる集合体。

( システムに含まれる全ての要素は

必ず自分以外の要素に対してなんらかの影響を及ぼす。) 

システムの中から新たな生命が宿った新生命体。

動きだすその時をじっと待っているかの様に。

これらの作品はそれぞれに与えられたそれぞれの条件(system)に基づいて制作される。
時間、材料、場所、あらかじめ決定される諸々の条件に従い動く作者の「身体」は、意図を持たず、まるで「道具」のようだ。
しかし、本当にそうなることなどできるのだろうか。
そこには常に何かが入り混じり、「身体」がただの「道具」になることを許さない。

不完全で不徹底な我々は、systemによる制限の中で、かえって、その身体性を明らかにする。
造形美の追求でもなく、無意識の具現化でもない。
予想の通りのかたちがうまれ、自分勝手な美意識が入り込み、気づかぬうちに膨らんでいく。
そのどれもが混在し結びつき、共存して安定する。
今ここに存在するそれは、血と汗の滲む線の記憶だ。

大竹舞人  / Maito Otake

2014年

グループ展「Expected Artist2014」(Shonandai My Gallery、東京)

2015年

主催するアーティスト集団Tokyo Good Boysによるグループ展「WORK IN PROGRESS」(orange gallery、東京)

グループ展「カラフル展」(カラフルカフェ、神奈川)

二人展「MY duo2015」Shonandai My Gallery、東京)

2017年

東京芸術大学美術研究科(修士課程)先端芸術表現専攻へ入学。

現在、同校を拠点に活動。

 

ある構造を持った立体の生成を通じて、現代における皮膚感覚について考察し、我々を取り巻く「大きな仕組み」の可視化を目指す。 単純な行為を(その軌跡の痕跡が記録される状態で)連続的に繰り返すことにより、自身の身体を道具として使用する。

Copyright ©ANAGRA