2020 2.7(fri)-2.16(sun)

weekday 15:00-22:00

holiday 14:00-21:00

この度ANAGRAでは、takuya watanabe takuyaによる個展「天国と地獄の結婚」を開催致します。

takuya watanabe takuyaは東京を拠点に活動しているアーティストです。

今まで写真というメディアを使い製作を続けて来た彼にとって初の絵画展となります。

意味を持つイメージや言葉を超える時の揺さぶられる感情、見たことのない世界、

己で築き上げていく優しさや美しさ。人間の始まりの全てを内包するかのような絵画作品達が並びます。

皆さまのご来場を、心よりお待ち申しあげております。

「天国と地獄の結婚」

私が自分という存在を「精神と身体」に分けるように、絵画におけるそれは「線と面」「抽象と具象」「平面と立体」「記号と本質」として浮かぶ。「精神と身体」が実存として不可分な「自分」であることと同じように絵画を扱う。

william blakeの詩画集「天国と地獄の結婚」のビジョンは私の理想像である「この身一つで空を飛ぶ」という事と重なり、その「天国と地獄」は私にとっての「精神と身体」に対応します。彼の持つビジョンへの親しみと敬意を込め、展示タイトルとします。
 

 takuya watanabe takuya

生きる、ということにおいて「精神と身体を往復し続けることによって空を飛ぶイメージ」があり、その運動の結果として写真、刺青、絵画、立体が形作られる。
1990生まれ。最近は納豆が美味しい。

2020 7.21

[A.N.D.NOW INTERVIEW #25 / YUHKI TOUYAMA ]

Copyright ©ANAGRA