ARIKA SOLO EXHIBITION 

things

2017.2.1(wed)-2.7(tue)

OPEN

weekday 17:00-22:00

holiday 14:00-22:00

2/4(sat) Party 

coming soon

 

街の底を這い蹲ろうと、呑まれぬように、 蜿いて、足掻いて。

そんな泥沼でのたうちまわる我々に捧げる偏愛のかたち。

 

「これ、犬描こうと思ってたんですけど…」

ARIKAはいつも新しい作品ができると見せてくれる。

その日もいつもと同じように差し出されたケータイの画面の中を覗くと、どう探しても犬らしき生き物はいなかった。

前々からARIKAの個展はANAGRAでやりたいという想いはあったのだが、これが決定的となった。

「見たことないもの」を見たときのあの高揚感を久しぶりに味わった。

彼の作品のほとんどが鉛筆だけで描かれる。今までの具象的なスタイルから変化し、崩れたような抽象的な作品。相変わらず執念めいた描き込みと、繊細なタッチで描かれ、むしろ抽象的になった分、世界観は強くなったようにすら思える。

「自分はなりたいものはないです。かっこよければなんでもいいと思うんです。」そう静かにすごいことを言い切るARIKAの初個展をANAGRAでやれることをすごく嬉しく思う。

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

―ANAGRA

 

ARIKA

1992年生まれ

抑圧され、並列化されていく個性に対するアンチーテーゼをテーマにモノクロで描く。
アパレル、バンドのビジュアルデザイン・グッズ制作、TVメディア等の制作でも活動。

もっと見る

2020 7.21

[A.N.D.NOW INTERVIEW #25 / YUHKI TOUYAMA ]

Copyright ©ANAGRA