S__57122820.jpg

YOUNG HAMA × 向井聡 PHOTO EXHIBITION

“ホンマの高円寺”

2021 2.4 FRI - 2.12 SAT

at A.N.D.gallery ( ANAGRA内、A.N.D.の地下室 )

 

OPEN HOUR

Weekday 15:00-22:00

Holiday 14:00-21:00

 

 

2月からANAGRA内にあるA.N.D.の地下室が”A.N.D.gallery”としてスタートします。

1回目の展示に、YOUNG HAMA × 向井聡 の2人の写真家による写真展“ホンマの高円寺”を開催致します。

偶然か必然か、2人の写真家は高円寺という場所に惹かれ夜な夜な写真を撮り続けています。彼らの撮る写真はモノクロが多く、写っている人も空気感も、不思議と時代を感じさせません。それは社会的なトレンドとは別の、まるで匂いがするような生々しい瞬間であり、写っているものや人のカタチより奥の「中身」までが見えてくるようです。街において”綺麗なモノ、美しいコト”の価値観は何層にも積み重なっています。この展示はまさにその積み重なりが写真という手段で視覚化された貴重な機会だと思います。

 

また新たなたくらみがたくさん生まれる場所になります様に。

みなさまぜひお越しください。

「バーラバラ、バーラバラ」今日もアニキの声が響き渡る。ここは高円寺北口広場。

 

アニキこと@anikitomonoriさんはいつも歌い、踊り、叫び、トランペットを奏でる。

ホンマさん(元極道)は酒を浴び、日本の未来、現状に憂い大声で叫ぶ。彼等がそこにいると自ずと人が集まり、まるで爆弾の導火線に火がついたように人間が弾けだす。

誰かが言った。”夜は、たった1人のダンサーから始まる”と。

バラバラ、イカサマ、真っ逆さまの高円寺北口広場。

考える僕らの未来、立ち上がるよりひとまずみんなで座ろうじゃないか。

S__57147432.jpg

YOUNG HAMA 

1992年生まれ。長崎県出身。

人の「生き様」をテーマに写真活動を行う。

様々な人が交わる街、主に渋谷、高円寺を舞台としたILLなアンダーグラウンドを写し出す。

向井聡

1985年生まれ。怒りにまかせ壁を殴り

拳が粉砕骨折したのをきっかけに写真を始める。たかが写真、されど写真。愚直で安直なストレイトフォトグラフ。高円寺北口広場の一夏の人間模様を収めた写真集「目やにおんなとかぜひきおとこ」発売中。